\ Pinterest はじめました /

エックスサーバーのWordPress(ワードプレス)に無料の独自SSLを設定する方法

エックスサーバーのWordPress(ワードプレス)に無料の独自SSLを設定する方法ブログの始め方

WordPress(ワードプレス)のサイトを無料で独自SSL設定したい!
エックスサーバーのWordPressを独自SSL化する方法が分からない…
エックスサーバーのWordPressを独自SSL化する方法(手順)を教えてほしい!

このようなお悩みの方を解決したいと思います!

エックスサーバーのWordPressに無料で独自SSLを設定する方法を解説

SSLセキュリティーのイメージ

エックスサーバーにWordPressをインストール(開設)した後に、必ずしてもらたいのが「独自SSL設定」になります。

エックスサーバーでは、無料で独自SSLを利用することができます。

SSL・独自SSLについて

手順の前に「SSL」について要約して説明したいと思います。

SSLとは?

SSL(Secure Sockets Layerセキュア ソケット レイヤー」とは、インターネット上でのデータのやりとりを暗号化し、第三者に情報をのぞかれたり盗まれたりしないようにするのがSSLで、「独自SSL」は、独自ドメインに対して設定するSSLサーバー証明書のことを指します。

SSL化されているこどで、訪問者に安全に安心してあなたのブログサイトを閲覧してもらう事ができます。

アドレスバーのhttpをSSL設定してhttpsで保護する

また、SSL化されている場合にはブラウザのアドレスバーに「保護された通信」と表示するなど、訪問者にとって視覚的に分かりやすくされてたりとSSLへの優遇措置がとられています。

SEOの観点からもGoogleがSSL化を推奨しており、SSL化していることでGoogleの検索結果の表示順位にも有利に影響すると明言されました。

これらの事から、SSL化は必須と言っていいです。

SSL設定を初めての方でも、分かりやすく解説していきますので、手順に沿って進めていきましょう!

エックスサーバーでSSLの設定

まずは、エックスサーバーからSSL設定を行います。

まだ、エックスサーバーでサーバー契約していない方は下記の記事を参考にしてください。

エックスサーバーにアクセス・サーバーパネルにログイン

エックスサーバートップページ

エックスサーバーのサイトにアクセスして、サーバーパネルの管理画面にログインまで進めてください。

SSLの設定

エックスサーバーSSL設定を選択

ログイン後、「SSL設定」を選択します。

エックスサーバーで独自ドメイン名を選択

SSL設定する「対象のドメイン」の「選択する」をクリックします。

エックスサーバーの独自SSL設定追加を選択

独自SSL設定追加」のタブを選択します。

エックスサーバーの独自SSL設定確認画面に進むを選択

確認画面へ進む」を選択します。

エックスサーバーの独自SSL設定追加を選択

追加する」を選択します。

エックスサーバーの独自SSL設定追加完了

完了すると「独自SSL設定を追加しました。」と表示されますので、「SSL設定一覧」のタブを選択して確認してみましょう。

エックスサーバーの独自SSL設定一覧

上記の画像にも書かれている通り、無料独自SSL設定が、サーバー反映までに最大1時間程度かかる場合がありますが、早ければ、数分~数十分程度で反映されます。

しばらく待ってページを再読み込み後に、反映待ち が消えているのを確認して、「https://~」のアドレス(URL)にアクセスできれば、独自SSLの設定が完了です。

独自ドメイン登録やネームサーバー設定して間もない場合、SSL設定ができないことがあります。その時はしばらくしてから行いましょう。

「.htaccess」で常時SSLの設定

ここまで手順によって「https://~」のURLでSSL化されたあなたのサイトにアクセスができるようになりましたが、「http://~」のSSL化していないURLでもアクセスが可能となります。

なので「http://~」のURLのページアクセスがあった場合、「https://~」のURLのページに自動的に転送(リダイレクト)させて「常時SSL」になるように設定を行います。

常時SSLとは?

常時SSLとは?

「常時SSL」は、あなたのサイトのすべてのページがSSL化されている状態の事です。

従来は、「ログインページ」や「クレジットカード決済ページ」など、Webサイト上でパスワードや個人情報等を入力するページのみを、SSL化して通信のセキュリティを保護していました。

しかし昨今、インターネットにおけるセキュリティに対する意識の高まりや、「Google Chrome」などの主要なブラウザーでのSSL化サイトの優遇処置などの対応など、「すべてのページをSSL化=常時SSL化」されるように増加しています。

常時SSL化するには、「.htaccess」という重要なファイルにコードを追加します。

作業としては2分程度で完了できますので、進めてましょう!

.htaccess編集を選択

エックスサーバーの.htaccess編集を選択

「.htaccess編集」を選択します。

エックスサーバーで独自ドメイン名を選択

.htaccessを編集する「対象のドメイン」の「選択する」をクリックします。

エックスサーバーで.htaccess編集のタブを選択

.htaccess編集」のタブを選択します。

.htaccessファイルを編集

エックスサーバーで.htaccessファイルにhttpsへリダイレクトする設定の追記後

以下のコードをコピーして、上記の図の通り「.htaccess」にコードを追加してください。

<ifmodule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</ifmodule>

「.htaccess」ファイルを編集する前のコードを、一時的にコピペしてメモなど保存しておいて、編集反映後に正しい挙動にならなかった場合は元に戻せるように必ずしておきましょう。

.htaccess編集の確認画面に

コードを追記したら、「確認画面に進む」を選択して、コード追加に間違いがなければ、「実行する」を選択して編集内容を保存します。

リダイレクトを確認

http://のアドレス

それでは、設定が正しく反映されているか「http://あなたの独自ドメイン」のSSL化されていないURLをアドレスバーに入力して確かめてみましょう。

アクセス先が「https://あなたの独自ドメイン」のSSL化されたページにリダイレクトすれば完了です!

WordPressでSSLの設定

最後に、WordPressでSSL設定を行います。

WordPressの管理画面にアクセスしてログイン

WordPress管理画面のURL

WodPressの管理画面(ダッシュボード)にアクセスするURLは「https://あなたの独自ドメイン/wp-admin」になりますので、アドレスバーにURLを入力してください。

WordPressのログイン画面
  1. ユーザー名またはメールアドレス:WordPressをインストール時に入力したユーザー名またはメールアドレスを入力します。
  2. パスワード:WordPressをインストール時に入力したパスワードを入力します。
  3. ログイン状態を保存する:☑を入れます。※必須ではありません。
  4. 「ログイン」ボタンを選択します。

次回から簡単にアクセスできるように、WordPress管理画面(ダッシュボード)のURLを覚える(https://あなたの独自ドメイン/wp-admin)か、ページをブックマークしておきましょう!

「http://」を「https」に変更

WordPressの設定の一般を選択

左サイドメニュー「設定」の「一般」を選択します。

アドレスをhttpsに入力
  1. WordPressアドレス(URL):http を https に書き換える
  2. サイトアドレス(URL):http を https に書き換える
WordPressの「変更を保存」ボタン

それぞれのアドレス(URL)を変更後、下にスクロールして「変更を保存」を選択してください。

アドレス(URL)の書き換えで誤った内容を入力・保存すると、WordPressにアクセスできなくなる場合があるため、慎重に行いましょう。

WordPressのログイン画面

変更が確定すると、一旦ログアウトされますので再度ログインしましょう。

  1. ユーザー名またはメールアドレス:WordPressをインストール時に入力したユーザー名またはメールアドレスを入力します。
  2. パスワード:WordPressをインストール時に入力したパスワードを入力します。
  3. ログイン状態を保存する:☑を入れます。※必須ではありません。
  4. 「ログイン」ボタンを選択します。
https://のアドレス

アドレス(URL)が「https://~」になっていれば完了です。

まとめ

お疲れ様でした!

独自SSL設定が完了して、あなたのサイトのすべてのページへが常時SSLになりましたので、あなたのブログサイトの訪問者も安全に安心して閲覧してもらえるようになりました。

ここまででブログサイトの土台ができましたので、次のステップでは、あなたのブログサイトのデザインや機能、構成などに重要な「WordPressテーマの設定」を行います。

ブログを始める人におすすめのレンタルサーバー!

ブログを始めようとお考えの人向けに、おトクなキャンペーン中のレンタルサーバーをご紹介します!

ConoHa WING(コノハウィング)

キャンペーン中!

「ConoHa WING」では、WINGパック「ベーシックプラン」新規でお申込みいただくと、ConoHa WING通常料金から最大36%OFFでご利用いただけます。36ヶ月契約なら月額836円からWINGパックをご利用いただけます。

さらに、初期費用無料で、初回お申込み月はご利用料金無料なので月初のお申込みで、最大31日間無料でご利用いただく事ができます!

また、WINGパックはレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったおトクな長期利用割引プランです。お好きなレンタルサーバープランと独自ドメインが2つ永久無料でご利用いただけます。

詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒Early Summer キャンペーン!

Xserver(エックスサーバー)

キャンペーン中!

「エックスサーバー」では、「独自ドメイン2つ永久無料&初期費用半額」と過去最大級にお得なキャンペーン開催中です!

さらに2021年6月17日(木)18時まで、キャンペーン期間中に新規でお申込みいただいた方は、通常3,300円の初期費用が半額!

さらに「.com」や「.net」などの人気独自ドメイン2つが永久無料と大変おトクです!

キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒独自ドメイン2つ永年無料&初期費用半額キャンペーン

ロリポップ!

ロリポップ!『ドメインずーっと無料』!

『ムームードメイン』の対象ドメインと、『ロリポップ!』のレンタルサーバーの両方を新規でご契約いただく場合、レンタルサーバーをご契約中はドメインを無料でご利用いただける『ドメインずっと無料』の提供を開始しました。

ロリポップ!でレンタルサーバーを契約期間中はずっと無料でドメインを利用することができます。

サービスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』

ボクがおすすめするレンタルサーバーの特徴や違い、選び方など知りたい方は、WordPressに最適なレンタルサーバーの選び方とおすすめサービス比較!の記事に詳しく解説してますのでご覧になってください!

ブログの始め方
スポンサーリンク
otsuをフォローする
スマライログ
タイトルとURLをコピーしました