\ Pinterest はじめました /

Local by Flywheel のローカル環境を構築時に環境の設定ができない時の対処方法【バージョン指定】

WordPress

以前、Wordpressのローカル開発環境の構築に特化した「Local by Flywheel(ローカル バイ フライホイール)」の内容についての記事を書きました。

初めての導入する時に、他の方のサイトを参考にしながらローカル環境の構築を進めました。
が、同じように進めることができずかなりハマってしまいました・・・。

ハマってしまったこと
  • WordPressを作成する段階で「環境の設定」ができない(この工程が表示されない)
  • WordPressを作成後も、 PHPのバージョン、サーバ(Apacheかnginx)を選択(変更)できない

という状態で、ググって調べても解決する方法をサイトで探しましたが見つからず、かなりの時間を消費してしまいました。

そもそも、なぜ「環境の設定」ができるようになる必要があるのかと言うと、ローカル環境でWordpressのカスタマイズなどをする際に、公開サイトのサーバ環境とできるだけ同じ状態で開発を進めたかったという経緯です。

ローカルで環境で開発して、その後にカスタマイズした内容を公開サイトにアップしてという流れになるかと思うのですが、ローカル環境では問題なかったのけど公開サイトではうまくいかない・・・みたいな事を避けたいなと。

ということで、どうにかその解決方法を見つけましたのでご紹介したいと思います。

環境概要

この記事でご説明する方法は、以下のパソコンで進めた内容になります。
ご自身と環境が違うことで、挙動が変わる場合があります。

PCスペック
  • OS:Windows 10 Home 64 ビット
  • CPU:Intel(R) Core(TM) i7-8550U CPU @ 1.80GHz (8 CPUs), ~2.0GHz
  • GPU:Intel(R) UHD Graphics 620
  • メモリー:16GB

手順概要

Local by Flywheel のバージョンを指定してローカル環境構築する手順は以下になります。

  • Local by Flywheel の公式サイトのコミュニティにアクセス
  • Local by Flywheel のバージョンを指定してダウンロード
  • Local by Flywheel をインストール
  • WordPressをインストール(セットアップ)
  • Local by Flywheel の使い方

という感じになります。では、順に進めていきましょう!

Local by Flywheel の公式サイトのコミュニティにアクセス

まずは、以下から公式サイトにアクセスします。

Local by Flywheel の公式サイト

公式サイトのナビゲーションメニューの「RESOURES」にカーソルを合わせると、サブメニューが表示されますので、「Get help」をクリックします。

すると「community」ページに移動しますので、サイト内の「Releases」をクリックします。

Local by Flywheel のバージョンを指定してダウンロード

以下の図のように「releases」ページに移動します。
過去バージョン一覧が画面に並んでいますので、ご自身のお好きなバージョンをクリックしてください。
今回は「ver 3.2.1」を選択します。

「Local by Flywheel 3.2.1」のページに移動したら、サイト内に「Download Local by Flywheel 3.2.1 for Windows」をクリックして、Windows版をダウンロードします。

Macの方は、「Download Local by Flywheel 3.2.1 for macOS」をダウンロードしていただければと思います。

3.2.1のバージョンのファイルサイズがおよそ600MB程度あり、私の通信環境ですと20分ぐらいとダウンロードに時間がかかりました。

ダウンロードが終了すると、指定した保存場所に以下の図のようにインストーラーが置かれます。

Local by Flywheel をインストール

インストーラーを起動すると、すぐにインストールが開始されます。

インストールの際に、お使いのパソコンに仮想環境を構築するための「Virtual Box」ソフトウェアが無かった場合は、こちらもインストールする流れになりますので別途インストールする手間はかかりません。

無事にインストールが完了すると、「Local by Flywheel」が起動します。
過去のバージョンを利用しているため、「ローカルの新しいバージョンが利用可能です!」と表示されますが、「NOT RIGHT NOW」か「×」で閉じてください。

WordPressをインストール(セットアップ)

Local by Flywheel」のホーム画面の中央にある、「+CREATE A NEW SITE」ボタンをクリックします。

「What’s your site’s name?」とあなたのサイト名は?と聞かれてますので、ご自身のお好きなサイト名を入力してください。

基本的には、サイト名を入力すると自動的に「ローカルのドメイン名」「保存先フォルダ名」が決まる仕様ですが、「ADVANCED OPTIONS」をクリックすると以下の図のように任意で変更することができます。

必要な入力を終えましたら、「CONTINUE」ボタンをクリックします。

次に、「環境の設定」を行う画面が表示されます。

デフォルトの設定で良い場合は、「Preferred」を選択します。
Custom」を選択すると、PHPのバージョンやWebサーバ(Apacheかnginx)、MySQLのバージョンを選択することができますので、ご自身の希望するバージョンに変更します。

環境設定が決まりましたら、「CONTINUE」をクリックします。

Mysql versiton のみ、後から変更することができません。基本的に version 5.6 で構わないですが、ご自身の必要とするversionに変更していただければと思います。
「Local by Flywheel 3.2.1 バージョン」で選択できるバージョンのは、「5.5」「5.6」のどちらかでした。

WordPressのログインで使う「Wordpress Username」「Wordpress Password」「WordPress Email」の3つの入力項目が表示されます。

「Wordpress Username」「Wordpress Password」の2つを入力してください。
「WordPress Email」はデフォルトのまま設定いただいても、Wordpressにログイン後に設定で変更が可能です。もちろん入力いただいても構いません。

入力を終えましたら「ADD SITE」ボタンをクリックし、Wordpressをインストールします。

以下の図のようにインストールが開始しますのでしばらく待ちます。

環境設定でバージョンを任意に変更した場合は、私の環境ですとおよそ20分~30分ぐらいは時間がかかりました。Wordpressのソフトウェア自体はおよそ50MBと、そこまで大きなファイルではありませんが、環境設定を変更したことによって必要になるソフトウェアを、別途処理する工程などに時間がかかるのではないかと思います。

無事にインストールが完了すると、以下の図のような画面になり、ローカル環境が構築されWordpressもインストールされた状態になります。

ちなみに、この時点で自動的にサーバーも起動しています。
Local Sitesの下に作成したサイトが表示され、サイト名の頭に「」のマークが起動していることを表しています。

Local by Flywheel の使い方(簡易版)

Local by Flywheel サイトのSSL化

Local by Flywheel」のSSLを有効にする方法は、驚くほど簡単にできます。

以下の図のように、Wordpressインストールが終わった時点で上部に表示される「TRUST」ボタンか、メニューの「SSL」をクリックして表示される「TRUST」ボタンのどちらかクリックするだけで、SSLが有効になります。

あくまでローカル環境において、SSLが有効化されるので誤認されないように気を付けてください。
それにしても、1クリックだけというのは非常に便利です。

ブラウザによってSSL化の表示が異なりますが、Chromeの場合ですと以下の図のようになります。

WordPressにアクセスする場合

アクセスしたいサイトを選択した状態で、「ADMIN」をクリックするとブラウザにフォーカスが移りWordpressのログイン画面に移動します。
VIEW SITE」をクリックすると、同じくブラウザにフォーカスが移りWordpressのサイトのトップページに移動します。

環境の設定を変更する場合

環境の設定を変更する対象のサイトを選択すると、OVERVIEWの画面が表示されます。
その中にある、「Local Environment」行の「CHANGE」をクリックすると、「Web Server」と「PHP version」の変更が可能となりますので希望するバージョンに変更してください。

変更が決まったら、「SAVE CHENGES」ボタンをクリックし変更を反映させます。

まとめ

設定に関しては、簡単に抜粋したことのみのご説明でしたが、これだけでの機能だけでも十分便利に使えるツールだと思います。

Local by Flywheel」は、WordPressのサイト制作を手軽に開発環境を構築できますが、「Local by Flywheel」のバージョンによって仕様が違い、同じようにハマってしまった方の解決になれば幸いです。

ブログを始める人におすすめのレンタルサーバー!

ブログを始めようとお考えの人向けに、おトクなキャンペーン中のレンタルサーバーをご紹介します!

ConoHa WING(コノハウィング)

キャンペーン中!

ConoHa WINGでは2021年8月4日(水)18時~2021年9月13日(月)18時まで、「Happy Summer キャンペーン」を開催いたします。キャンペーン期間中、WINGパック「ベーシックプラン」を新規でお申し込みいただくと、ConoHa WING通常料金から最大40%OFF、月額792円からWINGパックをご利用いただけます。

さらに、初期費用無料で、初回お申込み月はご利用料金無料なので月初のお申込みで、最大31日間無料でご利用いただく事ができます!

また、WINGパックはレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったおトクな長期利用割引プランです。お好きなレンタルサーバープランと独自ドメインが2つ永久無料でご利用いただけます。

詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒Happy Summer キャンペーン!

Xserver(エックスサーバー)

キャンペーン中!

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、2021年9月9日(木)18時まで利用料金20%OFFキャンペーン」とお得なキャンペーンを開催中です!

キャンペーン期間中に、新規でX10プランの12ヶ月契約なら月額880円(税込)!36ヶ月契約なら月額792円(税込)で利用可能です!

さらに、「.com」や「.net」など大人気独自ドメインが永久無料!

キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
利用料金20%OFFキャンペーン!

ロリポップ!

実質半額!『契約期間2倍延長キャンペーン』!

ロリポップでは、2021年9月7日(火)11:00〜2021年9月20日(月)23:59までのキャンペーン期間、レンタルサーバーの対象プランが実質半額となる『契約期間2倍延長キャンペーン』を開催しております。

キャンペーン期間中に、対象プランの新規お申し込みをいただき、その後にご契約いただくと、契約期間を2倍に延長するクーポンをプレゼントいたします。

たとえば、ハイスピードプランの12ヵ月を契約した場合、クーポンのご利用で12ヵ月の契約がプラスされるので、12ヵ月分の料金お支払いで24ヵ月利用が可能になり、6,700円以上おトクになります。

ロリポップ!で契約するなら今が断然おトクに始められます!

サービスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
実質半額!『契約期間2倍延長キャンペーン』!

ロリポップ!『ドメインずーっと無料』!

『ムームードメイン』の対象ドメインと、『ロリポップ!』のレンタルサーバーの両方を新規でご契約いただく場合、レンタルサーバーをご契約中はドメインを無料でご利用いただける『ドメインずっと無料』の提供を開始しました。

ロリポップ!でレンタルサーバーを契約期間中はずっと無料でドメインを利用することができます。

サービスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』

ボクがおすすめするレンタルサーバーの特徴や違い、選び方など知りたい方は、WordPressに最適なレンタルサーバーの選び方とおすすめサービス比較!の記事に詳しく解説してますのでご覧になってください!

WordPressプログラミング
スポンサーリンク
otsuをフォローする
スマライログ
タイトルとURLをコピーしました