\ Pinterest はじめました /

初心者におすすめ!WordPressのローカル環境をLocal by Flywheelで構築する方法【無料】

local-by-flywheelのサイトイメージ画像WordPress

いままで、 ローカル環境でWordpressを制作するときは「XAMPP」を構築しプログラミングを行っていたのですが、つい最近「Local by Flywheel」を知りまして、「とても簡単」で「操作もシンプル」でしかも「直ぐに」ローカル環境が構築できる便利なツールです。

プログラミングが初めての方が、最初に躓きやすいローカル環境構築を簡単にできます。Wordpressのカスタマイズが初めてな方々にはぜひ使っていただければと思います。

この記事では、「Local by Flywheel」のローカル環境構築の手順をお伝えしていきたいと思います。

環境概要

この記事でご説明する方法は、以下のパソコンで進めた内容になります。
ご自身と環境が違うことで、挙動が変わる場合があります。

PCスペック
  • OS:Windows 10 Home 64 ビット
  • CPU:Intel(R) Core(TM) i7-8550U CPU @ 1.80GHz (8 CPUs), ~2.0GHz
  • GPU:Intel(R) UHD Graphics 620
  • メモリー:16GB

手順の概要

Local by Flywheel のローカル環境構築する手順は以下になります。

  1. Local by Flywheel をダウンロード
  2. Local by Flywheel のインストール
  3. ローカル環境にWordpressをインストール

では、順に進めていきましょう!

Local by Flywheel をダウンロード

まずは、Local by Flywheel を公式サイトからダウンロードするので、下記からアクセスしてください。

local by flywheel 公式サイト

公式サイトにアクセスして、「FREE DOWNLOD!」ボタンをクリック。

そうすると、プラットフォームの選択を問われるので利用しているものを選択します。
今回はWindowsを選択します。

ソフトによっては、WindowsだけとかMacだけとかありますが、どちらでも利用できるのはうれしい仕様ですね。

「First Name」「Last Name」「Work Email」「Phone Number]と4つの入力項目が表示されていますが、全て入力しなくても「Work Email」の入力欄のみにメールアドレスを入力すれば、ダウンロード可能です。

入力できましたら、GET IT NOW!のボタンをクリックします。

ボタンをクリックすると、以下の図が表示されてダウンロードが開始されます。
もし、ダウンロードが開始されなければ、「click here.」をクリックしダウンロードをします。

ダウンロードが終わると、以下の図のようなインストーラーがデスクトップに置かれます。

Local by Flywheel のインストール

local by flywheel をインストール

ダウンロードしたインストーラーを、ダブルクリックで実行してインストールします。

インストールのセットアップで、どのユーザーで使用できるようにするかの選択できますので、ご自身の環境に応じて利用しやすい方を選んでいただければと思います。
選択しましたら「次へ」ボタンをクリックします。

次は、Local by Flywheel をインストールするフォルダを選択できます。
基本的にデフォルトで表示される場所に保存してもらえればOKです。

インストールするフォルダを決めましたら「インストール」ボタンをクリックします。

インストールが開始されますので、インストールが終わるまでしばらく待ちます。

インストールが完了すると、以下の図のように完了画面が表示されます。

引き続き、ローカル環境の作成に進む場合は、「☑Lacalを実行 」にチェックをした状態で「完了」ボタンをクリックします。

インストールの流れで、以下の図のような画面が表示されます。

内容としては、エラーが発生した場合、自動的にエラーを報告することを有効にするかを聞かれてますので、特別問題なければ「→ Turn on Error Reporting」を選択して、開発に協力しましょう。

ローカル環境にWordpressをインストール

最後に、ローカル環境を作成していきます。
もうひと踏ん張りなので頑張っていきましょう!

完了ボタンをクリックすると、以下の図のように「Local by Flywheel」が起動します。
画面真ん中にある「+ CREATE A NEW SITE」ボタンをクリックします。

「What’s your site’s name?」とあなたのサイトの名前は何ですか?と聞かれますので、ローカル環境に構築するご自身のお好きなサイト名を入力します。

以下の図は、サイト名の下にある「ADVANCED OPTIONS」をクリックすることで、「ドメイン名」と「ディレクトリ名」を入力する項目が表示される状態になり、お好きに変更することができます。

基本的には、サイト名を入力するればそのサイト名が「ローカルのドメイン名」となり、ディレクトリの場所も「C:\Local_by_Flywheel\サイト名」と自動的に決まる仕様ですので、特別変更する必要がなければサイト名のみ入力して、右下にある「CONTINUE」ボタンクリックします。

ちなみに、以下の図はディレクトリの場所を任意で変更しているものになります。

次に、Wordperssのセットアップをします。

「Wordperss Username」「Wordpress Password」「Wordpress Email」の3つの入力する項目が表示されます。「Wordperss Username」「Wordpress Password」は、Wordperssをローカルに構築後に管理画面からログインする時に使用する大切なものになりますので、メモして残しておきましょう。

メールアドレスは、実際に利用できませんが、デフォルトで入力されているメールアドレスのままでも構いません。Wordperssにログインし管理画面から入ってから変更してもらっても構いません。

それぞれ入力しましたら、「ADD SITE」ボタンをクリックします。

以下の図のように、Wordepressのインストールが開始されますのでしばらく待ちます。

WordPressのインストールが完了すると、以下の図のようになります。
また、同時にサーバー起動されている状態になっていますので、「ADMIN」ボタンをクリックし、Wordpressのログイン画面に移動します。

WordPressの初期設定(簡易版)

先程の「ADMIN」ボタンをクリックするとブラウザが立ち上がり、以下の図のようにWordpressのログイン画面が表示されると思います。

先程、Wordpressのセットアップ時に入力した「Wordperss Username」を「Username or Email Address」に入力し「Wordpress Password」を「Password」に入力して、「Log in」ボタンをクリックしてログインします。

ログインが成功すると、以下の図のようにWordpressの管理画面が表示されます。
ご覧の通り英語だらけでなので日本語に変えるのと、時刻も東京の設定に一緒に行いたいと思います。

左サイドメニューの下側にある「Settings」の「General」をクリックします。

「General Settings」という画面に入り、下側にある「Site Language」行のセレクトボックスを選択して、日本語を選択します。

Site Language」 のすぐ下にある「TimeZone」が時刻の設定を変更できるので、セレクトボックスを選択し「Tokyo」を選択し、一番下までスクロールすると「Save changes」ボタンがありますので変更を保存します。

この他にも、パーマリンクの設定やhttpsの設定など行っていく感じになります。
また順次更新していきたいと思います。

まとめ

Local by Flywheel」のダウンロードとインストール、「WordPress」のインストールと設定を行いましたが、簡単にできたのではないでしょうか。

プログラミングを始めたばかりの方にとっては、この作業だけでも大変だったかもしれませんが、このようなことを一つ一つ経験して学んでいただければと思います。

では、ロカールでの開発環境も整いましたので、Wordpress作成を頑張っていきましょう!

ブログを始める人におすすめのレンタルサーバー!

ブログを始めようとお考えの人向けに、おトクなキャンペーン中のレンタルサーバーをご紹介します!

ConoHa WING(コノハウィング)

キャンペーン中!

ConoHa WINGでは2021年8月4日(水)18時~2021年9月13日(月)18時まで、「Happy Summer キャンペーン」を開催いたします。キャンペーン期間中、WINGパック「ベーシックプラン」を新規でお申し込みいただくと、ConoHa WING通常料金から最大40%OFF、月額792円からWINGパックをご利用いただけます。

さらに、初期費用無料で、初回お申込み月はご利用料金無料なので月初のお申込みで、最大31日間無料でご利用いただく事ができます!

また、WINGパックはレンタルサーバーと独自ドメインがセットになったおトクな長期利用割引プランです。お好きなレンタルサーバープランと独自ドメインが2つ永久無料でご利用いただけます。

詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒Happy Summer キャンペーン!

Xserver(エックスサーバー)

キャンペーン中!

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」では、2021年9月9日(木)18時まで利用料金20%OFFキャンペーン」とお得なキャンペーンを開催中です!

キャンペーン期間中に、新規でX10プランの12ヶ月契約なら月額880円(税込)!36ヶ月契約なら月額792円(税込)で利用可能です!

さらに、「.com」や「.net」など大人気独自ドメインが永久無料!

キャンペーンの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
利用料金20%OFFキャンペーン!

ロリポップ!

実質半額!『契約期間2倍延長キャンペーン』!

ロリポップでは、2021年9月7日(火)11:00〜2021年9月20日(月)23:59までのキャンペーン期間、レンタルサーバーの対象プランが実質半額となる『契約期間2倍延長キャンペーン』を開催しております。

キャンペーン期間中に、対象プランの新規お申し込みをいただき、その後にご契約いただくと、契約期間を2倍に延長するクーポンをプレゼントいたします。

たとえば、ハイスピードプランの12ヵ月を契約した場合、クーポンのご利用で12ヵ月の契約がプラスされるので、12ヵ月分の料金お支払いで24ヵ月利用が可能になり、6,700円以上おトクになります。

ロリポップ!で契約するなら今が断然おトクに始められます!

サービスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
実質半額!『契約期間2倍延長キャンペーン』!

ロリポップ!『ドメインずーっと無料』!

『ムームードメイン』の対象ドメインと、『ロリポップ!』のレンタルサーバーの両方を新規でご契約いただく場合、レンタルサーバーをご契約中はドメインを無料でご利用いただける『ドメインずっと無料』の提供を開始しました。

ロリポップ!でレンタルサーバーを契約期間中はずっと無料でドメインを利用することができます。

サービスの詳細は、以下のリンクからご確認ください。
⇒ドメインの新規取得・更新が無料になるサービス『ドメインずっと無料』

ボクがおすすめするレンタルサーバーの特徴や違い、選び方など知りたい方は、WordPressに最適なレンタルサーバーの選び方とおすすめサービス比較!の記事に詳しく解説してますのでご覧になってください!

WordPressプログラミング
スポンサーリンク
otsuをフォローする
スマライログ
タイトルとURLをコピーしました